基礎・基本徹底 学習塾・進学塾 学習力創造アカデミー

ブロードバンド予備校

本当に学力をつけるための学習法とは?
「わかること」と
「できること」は違う

3段階学習システムなら得点力が身につく

ブロードバンド予備校では、誰よりも早く確実に受験の“得点力”を身につけるために考え出された、画期的な学習方法「3段階学習システム」を採用。
講義で教わったことをすぐに自主演習、さらにその演習問題の解説を聞いて完全にマスター。
そう、予習や復習をしなくても、一度の授業で習ったことが完全に身につくのです。

3段階学習システムは予習不要の学習法

ブロードバンド予備校の3段階学習システムは、なんと予習が不要!

部活や学校行事など、なにかと忙しい現役高校生の皆さんは、前もって授業の予習ってこなせていますか?
やっておきたくても実際は…、大変ですよね。
予習せずに予備校の授業に出席して、結局授業内容が理解できなかった…というケースも少なからずあるようです。

その点、3段階学習システムなら、予習するなく授業にのぞんでいただけます。

それは受講生が予習をしていないことを前提にした丁寧な導入講義を準備しているからです。
“予習・復習”の、まずは皆さんのなかなか時間のとれない“予習”、その要素を3段階学習システムでは組み込んでいますので皆さんも安心して受講してください。

最も大切なのは自分で解く時間

そして、勉強する上で最も大切なのは、反復練習です。予備校でたくさん授業を受けたけど、「結局テストの点に結びつかなかった…」「成績があがらない…」など、なぜか学力が反映されない。そんな経験ありませんか?

それはただ“授業を受けているだけ”だからなのです。
授業を受けている時は、「わかった」という実感から満足度が高まるのですが、結局それを自分の力にするためには、その授業の後に自分の頭を使って問題を解かなければなりません。
要するに一般的な講義形式の場合、力をつけるためには必ず“復習”が必要なんです。

しかし、予習と同様に“復習”にまで手が回らない生徒さんも多いようです。
予習・復習をこなすよりも、焦って目の前の授業をどんどん受けることに気を奪われてしまう、そんな状況も少なくありません。

3段階学習システムではそんな“受けっぱなし”の状況にならないよう、皆さんが自分で問題を解く時間を用意しています。
先の“導入講義”で得た知識を使って、この“自主演習”の時間に自分の力で解く。
この演習することによって学力が定着していくのです。

自分の解き方を検証して力を定着させる

勉強する上で重要な“予習”“復習”両方の要素を組み込んだ3段階学習システムは、ここで終わりではありません。
最後に、先の“自主演習”で自ら解いた問題に対する検証を行うのです。
復習もただ問題を解いて答え合わせをするだけでは不十分です。
解答の正誤確認と共に、その解法プロセスをも再チェックするのです。

そのために3段階学習システムでは最後に“解説授業”を準備しています。
その解説授業で自分で反復練習の成果とその検証を行うことによって、さらなる学力定着を図ることができるのです。

ブロードバンド予備校について詳しくはこちら

専用サイトをご確認ください。


ブロードバンド予備校についてもっと詳しく