基礎・基本徹底 学習塾・進学塾 学習力創造アカデミー

エデュカーレ2018年1月号~ 学園長だより

ヴィジョンを持とう

 みなさんは将来どのようになりたいですか。どのような人生を歩もうと思っていますか。こうした将来の構想のことをヴィジョンと言います。たとえば、将来は医師になって、離島の医療を支えたいだとか、重力波の研究をして宇宙の謎に迫りたいだとか。こういうヴィジョンを持つことはとても大切なことです。
 ヴィジョンを持つ利点には、①早くから準備が始められること、②努力が苦にならないこと、③本質的な学びができること、などがあります。ヴィジョンを持てば、持った時からそれに向けて歩みはじめることができます。医者になろうと思えば、今から医学部に入るための準備のことを考えることができます。そして、早くはじめるから人より達成の可能性が高まるのです。また、自分のやりたいことのための勉強は、意味が分からずやる勉強とは全く違ったものになります。医者になろうと思っていれば、理科を学ぶにしても、ただ点が取れることよりも、本当に深く知ろうと思えるでしょう。これらは実力を上げるうえで、大きな差になるのです。

 逆に、ヴィジョンがない勉強はどういうものでしょう。ヴィジョンがない人の勉強は、やらなきゃいけないもの、苦しいもの、点さえ取れればいいもの、になりがちです。そして、実力もなかなか上がりにくいものになってしまいます。本人が学ぶ意味をわかっていなければ、勉強はそういうものになってしまうのです。
 では、どうしたらヴィジョンを持てるでしょうか。それには、普段から二つのことを知ろうとすることが大切です。一つはこの社会のこと。本や新聞を読んだり、NHKスペシャルのような良質なドキュメンタリーを視聴して、この社会について考えたり話し合ったりすると、多くの選択肢が見つかるでしょう。もう一つは自分のこと。日々、自分は何がしたいだろうと自分に問いかけてみることです。そうすると、自分のヴィジョンがきっと見つかります。ヴィジョンは変わっていくかもしれません。でも、今の時点でのヴィジョンを持てば、今の君を動かす力になってくれるでしょう。君たちはどんなヴィジョンを持ちますか?(S)