お問い合せ 無料体験

受講生の声(合格体験記)

受講生の声

開校から年月がそれほど経っていない、若い学習塾の学創(GAKUSO)ですが、すでに有力校への進学を成功させた生徒、飛躍的に成績を高めた生徒が続々と生まれています。
ここでは、まだ少ない卒業生を中心に、受講生から頂戴した学創(GAKUSO)へ入塾した理由や経緯、学んでみてどうだったか、など学創(GAKUSO)での学びの期間に対する感想など、受講生の声、合格体験記をご紹介いたします。

論理力へのこだわり(早稲田大学創造理工学部 Y.Kさんインタビュー)

Q.

リアルで会うのは2年ぶりですね。学創のオンライン授業はどうでしたか?

A.

授業自体は説明し合うスタイルも変わらなかったし、時間が有効に使えて良かったです。レポートや資料のやりとりもすぐに他人のも確認できたし、 オンラインの方が便利だと思いました。

Q.

学創の授業を一言で言うと?

A.

論理力へのこだわりです。英語も数学もその問題が解けるかよりも論理的に理解できているかを大切にしていて。論理系の授業教材は大学の論理学の教科書でしたし。論理力があれば自学ができるので、そこが良いと思います。

安心のペースメーカー(慶應義塾大学理工学部 T.Hさんインタビュー)

Q.

リアルで会うのは2年ぶりですね。学創のオンライン授業はどうでしたか?

A.

授業で普通に会話していたので久しぶり感は全く無いですね。両方受けてみて学創の授業は対面でもオンラインでも全然変わらないと思います。

Q.

学創の授業を一言で言うと?

A.

うーん…安心のペースメーカーですかね。学校より全然進みが速いんで、それに慣れたお陰で中学の後半くらいからは結構楽になりました。

基本の徹底こそが難問を解く鍵(早稲田大学商学部 H.Tさんインタビュー)

Q.

学創がオンライン化してからの入塾でした。学創のオンライン授業はどうでしたか?

A.

学創の授業はオンラインでも双方向・多方向のものだったので、参加感はとても大きくて集中できました。家族で帰省した時や自習室から参加できたのも良かったです。

Q.

学創の授業を一言で言うと?

A.

基本の徹底だと思います。私もはじめは難しいことをやらなきゃって思っていたんですが、学創で授業を受けて、基本の徹底こそが難問を解く鍵なんだとよくわかりました。

違う授業を受けてみて本物の良さはわかる(青山学院大学文学部日本文学科 M.Hさんインタビュー)

Q.

学創に通って良かったことは?

A.

結局、勉強って何のためにやるのかが一番大切だと気づかせてもらったことです。点を取るためだけにやっていてもやる気は続かないわけで。

Q.

学創ってどんな塾?

A.

私は学創からしか勉強を学ばなかったって思っているので、私にとって勉強そのものです。違う授業を受けて、本物の良さってわかりますね。

Q.

中学進学後一度退塾して中2で戻ってきてくれた。英語の定期テストの得点が4倍になったんだったね。

A.

本当に、早く戻ってきて良かったです。

わかる人にはわかる塾(早稲田大学創造理工学部経営システム工学科 T.Mさんインタビュー)

Q.

学創に通って良かったことは?

A.

高校時代、英数は何もしなくてもトップでいられたことです。英数はあんまり苦労しませんでした。

Q.

学創ってどんな塾?

A.

わかる人にはわかる塾なんじゃないですか。失礼ですけど、大きくはないじゃないですか。でも、実績は結構いいですよね。たまたま出会って僕は良かったですね。

Q.

学創には何が足りない?

A.

広告力じゃないですか?

物事を深く考え理解する楽しさ(Y.Nくんの体験記)

私は学創で三年間をかけて物事を深く考え理解する楽しさを身につけました。
テストで点を取るための丸暗記や頭を使わない勉強ではなく、単元一つ一つを深く考え、毎回新しい発見をする。
それが正しい学びなんだとわかりました。
勉強が楽しくなり、本物の実力を得たと思います。
本当に感謝しています!


どの科目も自信を持って臨めた(Y.Sくんの体験記)

僕は受験勉強で問題集を解くことよりも教科書を読むことを意識しました。
あまり世界地理がわかっていないと思えば、苦手な範囲を読んでまとめました。
いつも先生が「理解せずに目先の点を目指しても意味がない」と言っていたからです。
その結果、入試ではどの科目も自信を持って臨め、十分な得点ができました。


学ぼうとする背中を良い意味で教えてくれる(D.Iくんの体験記)

学創は、学ぼうとする背中を良い意味で押してくれる塾です。
一方的に授業をするのではなく、私たちの疑問を大切にしてくれる塾です。
教科書を丁寧に読むことの重要性を教えてくれた塾です。
私は学習する中で出てきた疑問を先生方とともに丁寧に解決することで点数が上がっていき、合格することができました。



1年生のうちから受験生と共に学べたのが大きかった/驚いたのは授業のやり方(T.Iくんの体験記)

私が学創に入ったのは中1の夏でした。
驚いたのは授業のやり方です。
いきなり中3の問題が出題され、学年の混ざったチームで話し合いを行う。
びっくりしましたが、その経験が志望校合格につながったのだと思います。
説明をしあうことで理解が深まり、1年生のうちから受験生と共に学べたのが大きかったと思います。


なぜ今学ぶのか理解できた(Y.Sくんの体験記)

元々勉強嫌いだった私が、勉強の面白さに気づけたのは学創のおかげです。
先生方の勉強観は、人生観にも通じており、なぜ今学ぶのか、自分なりに理解することができました。
それからは自然と勉強に向かうことができ、成績も一気に上がりました。
高校でもさらに上を目指して頑張ります。



理解する勉強は楽しい(R.Mくんの体験記)

学創に入る前は、暗記することが勉強と思ってテストをこなしていました。勉強は仕方なくやるものでした。
しかし、学創に入ったことで、勉強のイメージが変わりました。
理解する勉強は楽しく、テストの点数も伸びていきました。
そうして蓄えた実力は入試で生きたと思います。
私に本当の勉強の仕方を教えてくれたのが学創です。


問題の文を理解できるようになった(H.Tくんの体験記)

前の僕は勉強をすべて暗記でこなしていて、とても苦しかったです。
でも、学創の勉強は今までにない新しい方法で、暗記は速くなったし、今までより問題の文を理解できるようになりました。
受験では積み上げてきたことを出し切って合格することができました。
高校に入ってからも頑張ることができています。



通うのが楽しくて、力がつく(A.Hさんの体験記)

以前通っていた個別指導塾では、毎回ただワークを解くだけで、面白くもなく、やる気も成績も上がりませんでした。
でも学創の授業は面白くて、だんだんと成績が上がりました。
苦手意識のあった数学も最終的には得意科目になっていました。
通うのが楽しくて、力がつく。
これが学創だと思います。


学創で培った習慣のお陰(T.Hくんの体験記)

私は学創に小学生の頃から通っていたお陰で「習慣」として勉強に向き合うことができていたと思います。
高校受験を迎えても、それまでの勉強習慣の延長線上で勉強を進めることができました。
高校入学後、勉強の忙しさに驚きましたが、そのペースについていけているのも学創で培った習慣のお陰です。


勉強の見方が変わった(Y.Kくんの体験記)

僕は、学創に通い始めてから、「勉強」の見方が変わりました。
それまでの勉強はやらされるものであり、苦でしかありませんでした。
しかし、学創に入ってから勉強の面白さに段々と気付いてきて、今ではあまり苦ではありません。
高校の勉強は、量も難易度も上がりましたが、学創のお陰で対応できています。


まずは偏差値が上がり、次に正しい勉強法が掴めた。(S.Uくんの体験記)

僕は学校の授業が正直嫌いでした。
定期テストでも50点くらいしかとれていませんでした。
どう勉強すればいいかも教えてくれないのに、良い点を取れと言う先生に少し不信感も覚えていました。
しかし、GAKUSOでの勉強はわかりやすく、おもしろく、好きでした。
はじめは別物だった勉強も、だんだんつながってきました。
まず偏差値が上がっていきました。
だんだん勉強の正しいやり方のようなものがつかめてきて、学校のテストでも点が取れるようになりました。
入試の勉強は、自然体でこなすことができました。無事に合格できてよかったです。

とても楽しく学びやすい。(S.Kさんの体験記)

中学校に入って、初めは慣れない英語や数学に戸惑いました。
学校の先生が言っている事が分からず、他の人についていけるか不安でした。
しかし、GAKUSOで、基礎からしっかりと丁寧に教えていただき、2年生では、英語と数学は得意科目になり、好きな科目になっていました。
2年生の夏期講習では、英語の長文読解をたくさんやり、受験に向けて準備を進めていきました。
入試では、得意な英語と数学を生かして理系の学校を受験しました。
GAKUSOの授業はとても楽しく、学びやすいので、私にはとても合う塾だと思いました。

絶対無理だと思っていた。(R.Tくんの体験記)

僕が第一志望の高校に受かったのはGAKUSOのおかげです。
昔通っていた集団の塾ではなかなか集中することができず、「個別」に向いていると言われました。
その後、個別指導塾に通いましたが、成績が伸びず困っていました。
そんな時、友人から「学習力創造アカデミー」を紹介され、体験に行ってみました。アットホームな感じだけど、授業はしっかりしていると感じました。
中3の7月からの急変更でしたが、集団が苦手な僕でも、授業を集中して受けることができました。
ずっと伸び悩んでいた偏差値も、半年で13も伸びました。
絶対無理と思っていた志望校に合格できたのは、この塾のおかげだと思います。

今では少し変われた気がします。(M.Iさんの体験記)

私はGAKUSOに来る前、個別指導の塾に通っていました。
でも勉強の意味がわかっていなかったので学力はなかなか上がらず、高校に進学できるのか不安でした。
中3の11月から急遽GAKUSOに通い始めて、今までの勉強がほぼ無駄だったと思いました。
勉強はただやってもダメで、ちゃんと理解しなければならないと教えてもらいました。
「都立の入試本番で高い点を取りたいなら、そのための勉強をしなさい」と先生に言われて、残りの3ヶ月、過去問を解き、質問して理解しようとしました。
GAKUSOに通うまでは、学校から帰ったら、ダラダラしたり友達と遊んだりしてばかりでしたが、今では少し変われた気がします。
高校進学できたことは嬉しいですが、これからが勝負だと思うので、自分に負けずに頑張ります。

偏差値が10上がりました。(O.Iくんの体験記)

中1の時、自分は全く勉強しませんでした。
定期テストの1週間前になっても、ずっとゲームばかりしていたせいで、ほとんどの教科が悪い点数でした。
しかし、2年生になってGAKUSOに入り、勉強する機会を得ました。
それから勉強するようになり、テストで8割以上とれるようになりました。
3年生になってからは、偏差値を上げる勉強をしました。結果、10くらい上がりました。
行きたい高校が決まってからは、入試の勉強をしました。
GAKUSOに入って、勉強する機会を与えられたおかげで、第一志望の高校に合格できたのだと思います。

半年間で偏差値15上昇。(K.Hくんの体験記)

ある日、父が知らない塾を紹介してきました。
自分は「塾なんかクソくらえ」と思っていましたが、体験に行ってみると、皆楽しそうだったので通ってみることにしました。
授業はとてもわかりやすく楽しかったので、だんだんとGAKUSOが好きになっていきました。
自分の内申点は23しかなくて、クラスでも下から1、2番を争っていたので、受験する高校のレベルも下げなければいけないかと思っていました。
しかし、GAKUSOに半年間通い続けて、入った時より偏差値は15くらい上がっていました。
だから上野高校にチャレンジしました。結果は合格! GAKUSOに通い続けて先生たちの熱心な指導のもと地道に勉強してよかったと思います。

24→35、39→60(K.Sくんの体験記)

中2の時、僕はひどい成績でした。
通知表の合計は24で、偏差値は39でした。
GAKUSOの三者面談で、僕の成績をみた先生は爆笑して「やらなきゃできないし、やったらできるってのが勉強だからね。そろそろやる?」と言いました。
僕は変わろうと思いました。
それから、先生が言うことを信じて行動したら、勉強がわかっていっている手応えを感じるようになりました。
その結果、中3の二学期には、通知表の合計は35になって、偏差値は60になりました。
GAKUSOの先生方は、正しい勉強で理解していくことと、自分から勉強することの大切さをいつも伝え続けてくれます。
変わりたいなら、GAKUSOをお薦めします。

GAKUSOの勉強方法はすごくいい。(H.Sさんの体験記)

GAKUSOに来る前は宿題が出ても嫌々やっていて全く身についていませんでした。
でも、GAKUSOに来てから周りのみんなが努力して確認テストで満点や合格点を取っているのを見て、自分も頑張んなきゃいけないなと思うようになれて、ノートの見返しから始めてコツコツやっていったら、確認テストの点もちゃんと上がったし、授業も理解が深まっているのが感じられました。
GAKUSOに来て、それまでどうやればいいかわからなかった勉強法も自然と身につき、勉強していて「わかった」と思えることが多くなったので、GAKUSOの勉強方法はすごくいいと思います。
お陰で都立入試直前の学力テストで志望校のS判定も出て、無事に第一志望に合格できました。創造式も楽しいので、一度体験に来てみるといいと思います。

伸び悩んでいた僕を変えてくれた(Y.Mくんの体験記)

僕はいくつかの塾に通っていましたが、目に見えた成長はなく、伸び悩んでいました。
そんな僕を変えてくれたのがGAKUSOです。
GAKUSOでまず驚いたのは、宿題を忘れても怒られないことでした。
今まで強制的な勉強でがんじがらめにされていた僕は、驚きました。
でも、そのことが「理解する」「わかる」喜びを教えてくれました。
そして、授業の速さにも驚きました。
僕は頭をフル回転させて理解しようと思うようになりました。
この二つが僕を変えてくれました。
話のわかりやすい先生に、他とは違うスタイルの授業、先生一人一人が優秀で、質問にも丁寧に対応してくれます。
僕はGAKUSOに出会って本当によかったです。

復習もやってみるようになった(T.Sくんの体験記)

僕がそれまでの塾をやめてGAKUSOに入ったのは中学2年生の3学期でした。
GAKUSOに入ったころの僕は、それまでの癖で、授業を聞くよりノートをとることにばかり集中していました。
ある授業で先生の説明をうけた後に自分でノートにまとめるという時間がありましたが、説明を聞いていなかった僕は何もまとめることができませんでした。
それをきっかけに授業を聞いて理解することの大切さに気付きはじめました。
今までやったことのなかった復習もやってみるようになりました。
その結果、成績も一気に上がり、第一志望に合格することができました。
僕のダメだった部分に気づかせてくれたGAKUSOにとても感謝しています。
理解する勉強をお薦めします。

なぜか勉強もするようになりました(J.Sくんの体験記)

中1、中2のときはゲームばっかりしていて、勉強をぜんぜんしていませんでした。学校の先生に言われたことは少しはやっていましたが、勉強の仕方がわからなくて、なかなか成績は上がりませんでした。
GAKUSOに入っても、しばらくはなかなか勉強に向かうことができませんでした。
そんな時、先生から「別にゲームやってもいいんだよ」と言われました。
ゲームを我慢して勉強しようとしてもダメだったのに、いいと言われてからは、なぜか勉強もするようになりました。
勉強方法も教えてもらい、質問もするようになりました。
受験の前、すごく不安だったけど、GAKUSOに来て先生に話してもらい落ち着くことができました。
おかげで合格できました。ちなみに、ゲームは飽きました。

創造式で学んだことが受験に生きた。(M.Hさんの体験記)

私は小学校四年生の冬からGAKUSOに通いました。
算数や国語を学びながら、創造式では本を読んだり新聞のスクラップ発表をしたりしてたくさんの知識を得ました。
その時は楽しんでただ学んでいましたが、今思うと、創造式で学んだことが受験に生きたと思います。
最後の半年間は実践式で一気に受験モードになってはじめは大変でしたが、だんだん慣れてきて自分が成長しているのが分かりました。
不合格になっても今までやってきたことは無駄にならないと思いながら臨んだ受験ですが、合格できて本当によかったです。

勉強に対する姿勢が変わった。(Y.Iくんの体験記)

僕は、中一の三学期から前の塾をやめてGAKUSOに通いはじめました。
この塾では、勉強とはやらされるものではなく自分から進んでやるものだということを学びました。
GAKUSOに入塾する前の僕は、勉強は親や塾にやらされて仕方なくやっていたせいで学力があまり伸びませんでした。
でも、GAKUSOに入塾してからは勉強に対する姿勢が変わり、分からないところが無くなるような勉強をするようになり、大幅に学力が伸びていきました。
GAKUSOは少人数制で質問もしやすく、毎回の授業がとても充実しています。
そして、自分から進んでやることの大切さを教えてくれます。
僕は、GAKUSOで学べて本当によかったです。

GAKUSOに出会えて良かった。(M.Iさんの体験記)

私は中2の夏にGAKUSOに出会いました。
それまで英語が苦手でしたが、どういうふうに勉強をすればよいかわからないでいました。
塾に入って、私は英語の文法を全く理解していなかったことに気づかされました。
弱点を知ることができたのでそこを完璧にするように勉強し、穴を埋めていきました。
受験の直前に伸び悩んでいた頃には、先生から問題点と原因を指摘してもらいました。
伸び悩みは受験への不安な気持ちが原因でした。
それまでは自分の不安を隠していましたが、それ以降、私自身の気持ちを受け止めました。
そうしたら、勉強にも前向きに取り組めるようになりました。
今の私があるのもGAKUSOのおかげです。
GAKUSOに出会えて良かったです。

学習力創造アカデミー 学創(GAKUSO)