基礎・基本徹底 学習塾・進学塾 学習力創造アカデミー

学創授業の形式的特徴

1.オンライン

学創はオンライン学習塾です。コロナ禍の始まった2020年3月から、中学・高校部はオンライン授業に移行し、小学部も2021年3月から原則オンライン授業になりました。オンラインへ移行して、進学実績はさらに高まっています。(大学入試のMARCH以上の合格率は在籍生の100%超え、早慶国立の合格率は50%超え。高校入試では在籍生の半数以上が偏差値60以上の高校へ進学しました。)

2.複式学級

学創は北欧諸国に見られる複式学級を採用しています。小学4~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生が混ざったクラス編成をしています。つまり、1年で3年分を学び、3年間同じ内容を繰り返すことで理解を深めていきます。独自の授業スタイルによって、深い理解に到達しています。

3.ワークショップスタイル

学創の授業はワークショップ中心です。授業は「全体での協働」と「チームでの協働」によって展開されます。ワークショップでは、ICTテクノロジーがふんだんに活用されています。

4.チームティーチング

授業は2名の教師に加え、1〜3名のアシスタントスタッフ(主に大学生)が参加します。スタッフは「良い生徒」として振る舞い、生徒の手本となります。学創における「良い生徒」は「授業を楽しむ生徒」です。

5.振り返りNote

授業の終わりに「授業の振り返り」をチャット機能を使って教師に送ります。「振り返り」は学習効果を高めます。さらに、 授業質向上のためのフィードバックとして活かされます。